第7回カーボンニュートラル賞講演会(募集終了)

「Zero Emissionへの挑戦」

建築設備技術者協会を含む建築関連17団体から2009年に提言された『建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050~カーボン・ニュートラル化を目指して~』では、低炭素社会実現に向けた目標を建築に関わるすべての人々と共有し、建築・都市のカーボンニュートラル化にともに取り組むことが謳われています。カーボンニュートラル賞は、カーボンニュートラル社会の実現に向けた優れた業績を表彰することで、その意識の浸透と推進活性化を図ることをその目的としております。
本講演会では第7回カーボンニュートラル受賞業績の中より2件についてご講演いただきます。
みなさま奮ってご参加下さい。

講演①【カーボンニュートラル賞支部奨励賞】
「イオンモール堺鉄砲町における環境配慮型商業施設の実現」
講演者:株式会社竹中工務店 山形光生

講評:行政と連携した下水再生水高度複合利用やBEMS連携デマンドレスポンスなどの新規性の高い次世代システムを導入して、同種建物の参照値と比較して40%という大幅なCO2排出量の削減を達成していることが評価されました。

講演② 【カーボンニュートラル大賞】
「京都駅ビル熱源・空調設備のカーボンニュートラル化改修工事」
講演者:株式会社日建設計 牛尾智秋

講評:同ビルは、平安遷都1200年の記念事業の一環として1997年に竣工した駅ビルで、発注者、運転管理者、設計者、施工者、コミッショニングメンバーが一体となり、徹底したコミッショニングに基づく熱源・空調設備のカーボンニュートラル化改修工事により、熱源システムで従来比60%減のCO2排出量削減が行われ、他の設備改修にも大いに参考になる点が大きく評価されました。

日時      2020年 2月26日(水)15:00~17:00
会場     ドーンセンター5階 大会議室2  (大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
参 加 費   (会員)2,000円、(非会員)3,000円、(学生)無料
※受講料は当日お支払いをお願いします。
定  員     60名
申込締切  2020年2月21日(金)

申込方法:「カーボンニュートラル賞講演会」と標記し、氏名、勤務先、電話番号、FAX番号、会員or非会員or学生をご記入の上E-mailにて下記申込先までお申し込みください。

申 込 先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
TEL:06-6612-8858 FAX:06-6616-7098
E-mail:info@jabmee-kinki.com

2019年10月7日

創立30周年記念シンポジウム これから未来に向かって建築設備と社会がどうなるか考えてみよう(募集終了)

建築設備技術者協会は、建築設備士を中心とする建築設備技術者の会員組織で、建築設備に関する様々な情報発信を通じて、技術者としての資質向上や質の高い建築物と建築設備の実現を目的として活動している団体です。この度、近畿支部では創立30年を迎えるにあたり、記念事業として「これから未来に向かって建築設備と社会がどうなるか考えてみよう」というテーマでシンポジウムを開催します。

このシンポジウムは、建築設備の業界に関心がある建築系、電気系、機械系などの学生や建築設備に携わる若手技術者、設備女子会の方を含め、建築設備に関わる皆さまに興味を持っていただくための講演会を企画しました。
皆さまの奮ってのご参加をお待ちしています。

第一部
創立30周年記念シンポジウム(18:00~19:40)

1.建築設備技術者協会30 周年について
(一社)建築設備技術者協会近畿支部 支部長 小倉良友

2.基調講演
「大気環境を動態モデルで見る」
(公社)空気調和・衛生工学会近畿支部 支部長 近藤明(大阪大学 教授)

3.パネルディスカッション
「これから未来に向かって建築設備と社会がどうなるか考えてみよう」
パネリスト 関西学院大学学生、大阪大学学生、建築設備若手技術者、設備女子会メンバー など

第二部
交流会(19:50~20:30)※フードとソフトドリンクでの交流となります。

日  時:2019年11月12日(火) 18:00~20:30
会  場:中央電気倶楽部(大阪市北区堂島浜2丁目1番25号)
参 加 費:シンポジウム:無料  、 交流会:3000円 (学生無料)
定  員;80名(定員に達し次第締め切ります)

申し込み方法・締切 2019年11月4日(月)

《学生》(工業高校、高専、専門学校、大学、大学院 等)
氏名、学校名、学科、学年、電話番号、E-mailアドレス、交流会の参加/不参加を記入の上、E-mailにてお申し込みください。

《一般》氏名、勤務先、電話番号、E-mailアドレス、年齢、専門分野、交流会の参加/不参加を記入の上、E-mailにてお申し込みください。

申込先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM11
TEL:06-6612-8858
E-mail:info@jabmee-kinki.com

2019年8月28日

技術サロン「様々な利用者に配慮した快適なこれからのトイレ」(募集終了)

「様々な利用者に配慮した快適なこれからのトイレ」

2020年東京オリンピック、2025年大阪万国博覧会を迎えるにあたって、外国人にも使いやすく快適なトイレ、あらゆる利用者が快適に利用できるバリアフリー、性的マイノリティに配慮したトイレ、SDG’sへの取り組みなどを大手衛生器具メーカー2社に語っていただきます。
これからのトイレはどう進化するか、皆さんで考えてみませんか?

1.LIXILが考えるこれからのトイレ
株式会社LIXIL スペースプランニンググループ 主査 石原雄太
株式会社LIXIL 関西住設営業グループ 北古賀寛之
2.TOTOが考えるこれからのトイレ
TOTO株式会社 特販本部 市場開発第三部
プレゼンテーショングループ  プレゼンター 中津 明子

日  時:2019年9月4日(水)15:00~17:00
会  場:ドーンセンター 5階 特別会議室(大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
参 加 費:無料
定  員:50名(定員に達し次第締め切ります)

申込方法:「技術サロン」と標記し、氏名、勤務先、住所、電話・FAX番号を記入の上、E-mailにてお申し込みください。

申 込 先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
TEL:06-6612-8858 FAX:06-6616-7098
E-mail:info@jabmee-kinki.com

2019年7月4日

見学会 栗原工業新本社ビル(募集終了)

「栗原工業新本社ビル見学会」

2019年7月に会社創立100周年を迎える栗原工業(株)が、次の100年を見据え、従業員の豊かな想像力を育むことのできる業務環境、地球環境の保全と次世代に引き継ぐべき資源保護のために、継続的に改善のできる環境技術を取り入れ、建築した新本社ビルである。
電力インフラ工事を担い、社会的役割の大きい企業の本社ビルとして、事業の継続性と省CO2の両立を主軸とし、免震構造の採用と72時間のBCP性能を確保している。また新たな取り組みとして、多種電源によるBCP対応等を可能とする電力制御を備えたスマートエネルギーマネジメントシステムと次世代直流給電システムを採用している。さらに、種々の省CO2技術を採用し、良質な居住環境や知的生産性の向上を実現すべく、中小規模オフィスビルにおける省CO2推進の波及・普及に資するプロジェクトを目指している。

日  時:2019年4月24日(水) 14:00~16:00 受付開始13:45
見 学 先 :栗原工業新本社ビル
住  所:大阪市北区南森町1丁目4-24
参 加 費 :1000円(当日、受付にて参加証とともに徴収)
定  員:30名(定員に達し次第締め切ります)

申込方法:「栗原工業新本社ビル見学会」と標記し、氏名、勤務先、住所、電話・FAX番号を記入の上、E-mailにてお申し込みください。

申 込 先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
TEL:06-6612-8858 FAX:06-6616-7098
E-mail:info@jabmee-kinki.com

**************************************
 建築概要
構 造: S造
階 数: 地上8階・塔屋1階
延面積: 6,546.89㎡

 設備概要
受変電: 高圧6.6kV 1回線受電 変圧器1φ600kVA 3φ600kVA
発 電: 非常用 ディーゼル 300kVA
太陽光発電 10kW
電力貯蔵:リチウムイオン蓄電池 72kWh
EV充放電器 10kW×2
照 明: 全館LED、直流給電対応器具(3階執務室)
人感+明るさセンサー調光制御(執務室)
熱 源: 空冷ヒートポンプパッケージエアコン
空 調: 高効率・高顕熱ビル用マルチエアコン+パーソナル吹出口(執務室)
換 気: 調湿外気処理機(執務室)、全熱交換器(会議室等)
給 水: 受水槽式 圧送
衛生器具:大便器(フラッシュタンク式)、小便器、多目的トイレ
給 湯: 局所式 電気温水器
消 火: 屋内消火栓、連結送水管、スプリンクラー、移動式粉末消火
昇降機: 乗用15人乗×2基、非常用17人乗×1基
その他: 雨水利用、緊急汚水槽、自動潅水、自然換気

**************************************

協  賛
(公社)空気調和・衛生工学会近畿支部
(一社)電気設備学会関西支部
(一社)大阪空気調和衛生工業協会
(一社)大阪府設備設計事務所協会(予定)

2019年3月5日

講習会 空気調和設備に関する実務教育講座(募集終了)

当近畿支部では若手技術者の建築設備実務教育の一環として電気・空調・衛生設備の概要をまとめ講習会を実施しております。空調設備については毎年「空気調和設備に関する実務教育講座」を実施しており、空気調和設備に関わる実務者の方々のみならず、他分野の方々で空気調和設備の概要を勉強されたい方々にも好評をいただいております。本年も同様のプログラムで下記のように講習会を企画いたしましたので、どうか奮ってご参加ください。

主催 一般社団法人 建築設備技術者協会 近畿支部
会場 エル・おおさか(大阪府立労働センター) 5階 視聴覚室
大阪市中央区北浜東3-14(地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m)
日時 2019年11月6日(水曜日)9:30~16:30
定員 90名(定員に達し次第締め切ります)
プログラム 9:30~11:30 空気線図、熱負荷、空調システム、省エネ
12:20~14:20 熱源、空調機器、個別分散システム
14:30~15:30 配管、ダクト、換気、排煙、防音防振
15:30~16:30 自動制御
参加費 会員(協賛団体含む) 5,000円
非会員        8,000円
参加費
振込先
受講料支払いは銀行振り込みでお願いします。振込先は次の通りです。
振込先:三井住友銀行・梅田支店
(普)No.1707320 (一社)建築設備技術者協会近畿支部
申込先 氏名、年齢、会員区分(会員、非会員の別)、勤務先名、所属部署、電話番号、
FAX番号、職種(設計・積算・施工管理・工事・行政・ビル管理・製造・営業・その他)を記入の上、E-mailにてお申込み下さい。〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10ATC/ITM棟11F
TEL 06-6612-8858 FAX:06-6616-7098 E-mail:info@jabmee-kinki.com

2019年2月4日

講習会 給排水衛生設備に関する実務教育講座(募集終了)

当近畿支部では若手技術者の建築設備実務教育の一環として電気・空調・衛生設備の概要をまとめ講習会を実施しております。衛生設備については毎年「給排水衛生設備に関する実務教育講座」を実施しており、給排水衛生設備に関わる実務者の方々のみならず、他分野の方々で給排水衛生設備の概要を勉強されたい方々にも好評をいただいております。本年も同様のプログラムで下記のように講習会を企画いたしましたので、どうか奮ってご参加ください。

主催 一般社団法人 建築設備技術者協会 近畿支部
会場 エル・おおさか(大阪府立労働センター) 5階 視聴覚室
大阪市中央区北浜東3-14
日時 2019年10月18日(金曜日)9:30~16:30
プログラム 9:30~11:30 給水設備、給湯設備
12:20~14:20 排水設備、排水処理設備
14:30~16:30 衛生器具設備、消火設備、その他
集合 90名(定員に達し次第締め切ります)
参加費 会員(協賛団体含む) 5,000円
非会員        8,000円
参加費振込先 受講料支払いは銀行振り込みでお願いします。振込先は次の通りです。
振込先:三井住友銀行・梅田支店
(普)No.1707320 (一社)建築設備技術者協会近畿支部
申込方法 氏名、年齢、会員区分(会員、非会員の別)、勤務先名、所属部署、電話番号、
FAX番号、職種(設計・積算・施工管理・工事・行政・ビル管理・製造・営業・その他)を記入の上、E-mailにてお申込み下さい。
申込先 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F
TEL 06-6612-8858 FAX:06-6616-7098 E-mail:info@jabmee-kinki.com

2019年2月4日

講習会 電気設備に関する実務教育講座(募集終了)

お申込みはこちら

当近畿支部では若手技術者の建築設備実務教育の一環として電気・空調・衛生設備の概要をまとめ講習会を実施しております。電気設備については毎年「電気設備に関する実務教育講座」を実施しており、電気設備に関わる実務者の方々のみならず、他分野の方々で電気設備の概要を勉強されたい方々にも好評をいただいております。本年も同様のプログラムで下記のように講習会を企画いたしましたので、どうか奮ってご参加ください。

主催 一般社団法人 建築設備技術者協会 近畿支部
会場 エル・おおさか(大阪府立労働センター) 5階 視聴覚室
大阪市中央区北浜東3-14
日時 2019年9月11日(水曜日)9:30~16:30
プログラム 9:30~11:30 受変電設備、予備電源設備、避雷設備
12:20~14:20 幹線設備、動力設備、照明・コンセント設備
14:30~16:30 防災設備、情報・通信設備
定員 90名(定員に達し次第締め切ります)
参加費 会員(協賛団体含む) 5,000円
非会員        8,000円
参加費振込先 受講料支払いは銀行振り込みでお願いします。振込先は次の通りです。
振込先:三井住友銀行・梅田支店
(普)No.1707320 (一社)建築設備技術者協会近畿支部
申込方法 氏名、年齢、会員区分(会員、非会員の別)、勤務先名、所属部署、電話番号、
FAX番号、職種(設計・積算・施工管理・工事・行政・ビル管理・製造・営業・その他)を記入の上、E-mailにてお申込み下さい。
お問い合わせ先 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F
TEL 06-6612-8858 FAX:06-6616-7098 E-mail:info@jabmee-kinki.com

お申込みはこちら

2019年2月4日

新年交礼会(在阪建築15団体合同新年交礼会)(募集終了)

日時:平成31年1月4日(金) 15:00〜16:00
会場:シエラトン都ホテル大阪4階「浪速の間」
大阪市天王寺区上本町6-1-55
会費:3,000円
申込/会費振込締切日:11月30日(金)

お申込:(一社)建築設備技術者協会近畿支部
TEL:06-6612-8858
info@jabmee-kinki.com

2018年11月12日

第6回カーボンニュートラル賞講演会 ~Zero Emissionへの挑戦~(募集終了)

当協会を含む建築関連17団体から2009年に提言された『建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050~カーボン・ニュートラル化を目指して~』では、低炭素社会実現に向けた目標を建築に関わるすべての人々と共有し、建築・都市のカーボンニュートラル化にともに取り組むことが謳われています。カーボンニュートラル(CN)賞は、カーボンニュートラル社会の実現に向けた優れた業績を表彰することで、その意識の浸透と推進活性化を図ることをその目的としております。

本講演会では第6回カーボンニュートラル受賞業績の中より3件についてご講演いただきます。

一件目はCN賞支部奨励賞の「関西電力南大阪営業所における環境負荷低減計画と検証・評価」です。建物の外皮負荷低減、太陽光追尾装置付きブラインドと照度センサーによる照明消費電力削減、ヒートポンプの高効率運転などの従来技術を進化させCO2削減率が68%の効果を挙げていることが評価されました。二件目はCN賞を受賞した「ダイキン工業テクノロジーイノベーションセンター新しいアクティブ技術によるZEB指向オフィス」です。建築計画と自然エネルギーとが融合した新しいアクティブ技術を開発し、先進のIOTを使った見える化システムを導入することで運用システムの効率化を図り、運用エネルギー低減を図っていることが評価されました。三件目はCN大賞を受賞した「雲南市役所新庁舎におけるZEBの実現」です。CO2削減に関わるオーソドックスな手法である外皮からの空調負荷削減をとことん追求したうえで、更に再生可能エネルギー、未利用エネルギーの利用に関して、経済的に見合う先進的な工夫を重ねて、成功させている点が大きく評価されました。

3件の取り組みや手法・工夫は、カーボンニュートラル化を目指す建築物の設計や施工に関して大いに参考になると思われます。みなさま奮ってご参加下さい。

講演
CN
賞支部奨励賞:関西電力南大阪営業所における環境負荷低減計画と検証・評価
講演者:株式会社昭和設計 西村鉄平

 CN賞:ダイキン工業テクノロジーイノベーションセンター新しいアクティブ技術によるZEB指向オフィス
講演者:株式会社日建設計 田中宏昌

 CN大賞:雲南市役所新庁舎におけるZEBの実現
講演者:株式会社日本設計 竹部友久

日時:平成31年2月27(水) 1400分~16時40分
会場:ドーンセンター5階 大会議室2 (大阪市中央区大手前1丁目349号)
参加費:  (会員)2,000円、(非会員)3,000円、(学生)無料
定員:60名(定員に達し次第締め切ります)
申込方法:氏名、勤務先、電話番号、FAX番号、会員or非会員or学生をご記入の上、E-mailにて下記申込先までお申し込みください。

受講料は当日お支払いお願いします。当日参加できない場合は代理参加をお願いいたします。

申込先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
TEL06-6612-8858 FAX06-6616-7098
info@jabmee-kinki.com

2018年11月6日

技術サロン パッケージ・デシカ利用の最新空調動向(募集終了)

従来型のパッケージ空調方式では、温湿度制御と省エネの両立が難しかったが、ヒートポンプ技術とデシカント技術を融合した調湿外気処理機(デシカ)の登場で温度制御と湿度制御をそれぞれ個別制御することが可能となり、室内環境の快適性を確保しながら省エネ効果も実現できる画期的な空調方式が提案され、実際に運用されている。今回、開発者であるダイキン工業(株)殿のショールームにて開発背景、採用事例等を紹介するとともに、今後期待できる応用可能性を考える。

1.    「パケージエアコン・デシカ利用の実施例」
・デシカント空調の快適性と省エネ性について
・「DESICA」を使った納入事例紹介
2.講演後にショールームにて実物展示紹介
講師  ダイキン工業 テクニカルエンジニアリング部 上野 嘉夫

日時:平成31124(木) 1500分~17時00分
会場:ダイキン工業(株)フーハ大阪
             大阪市北区大深町31号 (グランフロント大阪ナレッジキャピタル4階)

会費:無料
定員30名(定員に達し次第締め切ります)
申込方法氏名、勤務先、電話番号、FAX番号を記入の上、E-maiにてお申し込みください。

申込先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
TEL06-6612-8858 FAX06-6616-7098
info@jabmee-kinki.com

2018年11月6日