建築設備士の日 記念講演会

建築分野におけるカーボンニュートラル 脱炭素社会の実現を目指して

開催日時:2022年11月11日(金) 13:20~16:30
開催場所:おおさかATCグリーンエコププラザ および Zoom
(大阪市住之江区南港北2-1-10ATCビルITM棟11階)

定 員:会場 60名・Zoom 500名
参 加 費:無料

お申込はこちらをクリックください。

■プログラム
13:20~14:00
基調講演「カーボンニュートラル時代の建築設備設計」
一般社団法人建築設備技術者協会 会長
東京大学 大学院工学系研究科 教授 赤司泰義 氏

14:00~14:40
「阪急阪神ホールディングス不動産事業の環境への取組み」
阪急阪神ホールディングス株式会社 人事総務室サステナビリティ推進部 課長
小松克祥 氏

14:40~15:10 カーボンニュートラル賞
「栗原工業ビルにおける環境負荷低減の取組み」
株式会社竹中工務店 東京本店設計部設備部門 チーフエンジニア 松倉想馬 氏

15:20~15:50 カーボンニュートラル賞支部奨励賞
「高島市役所ZEB事業」
株式会社安井建築設計事務所 理事 大阪事務所環境・設備部長 小林陽一 氏

15:50~16:10
「AGCのカーボンニュートラルへの取り組みと建築物における省エネ対策」
AGC株式会社 日本事業本部 商品統括グループ マーケティングチーム 松井徹 氏

16:10~16:30
「住宅用サッシの採用動向と今後の期待」
株式会社エクセルシャノン 企画管理本部リーダー 小野義彦 氏

 

2020年10月、国会における内閣総理大臣所信表明演説において、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが宣言され、我が国は脱炭素-カーボンニュートラル化に向けて大きく動き出しました。
遡ること10年、2009年に建築関連17団体は提言『建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050 ~カーボン・ニュートラル化を目指して~』を作成、公表しました。そこでは、低炭素社会実現に向けた目標を建築に関わるすべての人々と共有し、建築・都市のカーボンニュートラル化にともに取り組むことが謳われています。
今回の講演会では、カーボンニュートラル社会の実現に向けた建築物に関わる優れた先進事例や動向を発表いただくことにより、その意識の浸透と推進活性化を図ることを目的として本講演会を開催いたします。

主催:(一社)建築設備技術者協会近畿支部
(公社)空気調和・衛生工学会近畿支部、NPO法人エコデザインネットワーク、おおさかATCグリーンエコプラザ
共催:NPO法人建築設備コミッショニング協会、大阪グリーン購入ネットワーク

お申込はこちらをクリックください。

チラシダウンロードはこちら(PDF)

 

2022年8月5日