第6回カーボンニュートラル賞講演会 ~Zero Emissionへの挑戦~

当協会を含む建築関連17団体から2009年に提言された『建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050~カーボン・ニュートラル化を目指して~』では、低炭素社会実現に向けた目標を建築に関わるすべての人々と共有し、建築・都市のカーボンニュートラル化にともに取り組むことが謳われています。カーボンニュートラル(CN)賞は、カーボンニュートラル社会の実現に向けた優れた業績を表彰することで、その意識の浸透と推進活性化を図ることをその目的としております。

本講演会では第6回カーボンニュートラル受賞業績の中より3件についてご講演いただきます。

一件目はCN賞支部奨励賞の「関西電力南大阪営業所における環境負荷低減計画と検証・評価」です。建物の外皮負荷低減、太陽光追尾装置付きブラインドと照度センサーによる照明消費電力削減、ヒートポンプの高効率運転などの従来技術を進化させCO2削減率が68%の効果を挙げていることが評価されました。二件目はCN賞を受賞した「ダイキン工業テクノロジーイノベーションセンター新しいアクティブ技術によるZEB指向オフィス」です。建築計画と自然エネルギーとが融合した新しいアクティブ技術を開発し、先進のIOTを使った見える化システムを導入することで運用システムの効率化を図り、運用エネルギー低減を図っていることが評価されました。三件目はCN大賞を受賞した「雲南市役所新庁舎におけるZEBの実現」です。CO2削減に関わるオーソドックスな手法である外皮からの空調負荷削減をとことん追求したうえで、更に再生可能エネルギー、未利用エネルギーの利用に関して、経済的に見合う先進的な工夫を重ねて、成功させている点が大きく評価されました。

3件の取り組みや手法・工夫は、カーボンニュートラル化を目指す建築物の設計や施工に関して大いに参考になると思われます。みなさま奮ってご参加下さい。

講演
CN
賞支部奨励賞:関西電力南大阪営業所における環境負荷低減計画と検証・評価
講演者:株式会社昭和設計 西村鉄平

 CN賞:ダイキン工業テクノロジーイノベーションセンター新しいアクティブ技術によるZEB指向オフィス
講演者:株式会社日建設計 田中宏昌

 CN大賞:雲南市役所新庁舎におけるZEBの実現
講演者:株式会社日本設計 竹部友久

日時:平成31年2月27(水) 1400分~16時40分
会場:ドーンセンター5階 大会議室2 (大阪市中央区大手前1丁目349号)
参加費:  (会員)2,000円、(非会員)3,000円、(学生)無料
定員:60名(定員に達し次第締め切ります)
申込方法:氏名、勤務先、電話番号、FAX番号、会員or非会員or学生をご記入の上、E-mailにて下記申込先までお申し込みください。

受講料は当日お支払いお願いします。当日参加できない場合は代理参加をお願いいたします。

申込先:(一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
TEL06-6612-8858 FAX06-6616-7098
info@jabmee-kinki.com

2018年11月6日