建築設備士の日 若手技術者のための交流会

若手技術者のための交流会
「hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)」

建築設備に携わる若手技術者を対象に若手技術者交流会を開催します。同じ建築設備技術者として会社の違いや立ち位置の違いを超えてお互いの技術情報交換や日ごろ気になっていること、疑問に感じていること、いまさら会社の中では聞けないこと等を自由に話し合っていただく場を設け、交流を図り知見を深めることを目的としています。
本年は、「hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)見学会」と意見交換会を開催します。若手の皆さまの奮ってのご参加をお待ちしています。

日  時  2020年 11月19日(木)13:30~15:30 受付開始13:00

会  場  hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)(大阪市西区千代崎3丁目2番59号)      https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/hugmuseum/

内  容
1.hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)・岩崎地区概要説明
2.hu+gMUSEUM(ハグミュージアム) 屋上見学
3.岩崎地区エネルギーセンター見学
4.意見交換会

hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)、岩崎地区 概要
大阪ガス発祥の地である岩崎地区では、大阪ドームシティ及び周辺エリアの地域熱供給を中心に「熱」と「電気」をオンサイトでつくり、地域全体で融通し合う「スマートエネルギーネットワーク」を構築しています。地域全体の視点でシステムの最適制御を行い、エネルギーを効率良く使う街づくりが進んでいます。
hu+gMUSEUMは、「人とガスが出会うと、ぬくもりが生まれる。未来が生まれる。」をキーワードに、新しくて懐かしい、そして地球に優しい環境建築を目指しています。空調負荷を抑制する建物配置、先進性を表す外装金属パネルと外壁を組み合せたウォールダクト、木材を利用したルーバー、壁面緑化など意匠計画と環境計画の統合を図っています。加えて、ガスコージェネによる発電の最適制御、既存熱供給施設へのコージェネ排熱融通により、この地域でのスマートエネルギーネットワーク構築の一端を担っています。更に、太陽熱の空調利用、エネルギーの見える化の導入、停電対応設備による高いエネルギーセキュリティなど、省エネと同時に安全と安心を提供しています。本建物は国交省の建築物省CO₂先導事業に採択され、CASBEE大阪みらいではSランク評価を獲得しています。

参加対象
建築設備に関わる35歳以下の若手技術者

参加費
□建築設備技術者協会個人会員                 無料
□建築設備技術者協会賛助会員  近畿支部加入         無料
上記以外(他支部会員)       3000円
□上記以外           5000円
※参加費は当日受付でお支払いください。
※賛助会員近畿支部加入の企業リストは本HPの団体概要のページに記載しております。

定  員  30名(定員に達し次第締め切ります)

申込方法    E-mailにて、【若手技術者のための交流会】ハグミュージアム見学会」と標記し、
氏名、勤務先、住所、電話、会員種別、年齢、専門分野、経験年数を明記の上、近畿支部にお申し込み下さい。

*見学会当日の集合場所・時間などの詳細は参加申込者に直接ご連絡致します。
*「新型コロナウイルス感染予防ならびに拡大防止対策について」を確認の上、ご来館をお願いいたします。https://www.osakagas.co.jp/topics/pdf/topics-hug-200529.pdf

申込先   (一社) 建築設備技術者協会 近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11階
TEL:06-6612-8858 FAX:06-6616-7098
E-mail:info@jabmee-kinki.com

2020年8月9日